淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,淋病の予防

淋病の症状とスーパー淋病の症状

淋病の予防

淋病の予防方法についてですが
粘膜感染なので、あらゆる行為が感染につながります。

 

まず前提に、淋病に感染している人との性行為は、コンドームの有無にかかわらず
行わない事。完全に完治と医師から判断されるまで待ちましょう。

 

性行為の相手が淋病に感染しているのかどうが分からない場合は困りますね
性行為時は勿論コンドームの使用は必ず必要なのですが
挿入時にのみコンドームを付けるだけでは、ほとんど予防対策にはなりません。

 

淋病はキスでも感染しますし、性器と口の接触でも感染します。
正直、性行為をするのであればで予防は難しいです。

 

ですが、風俗であれば淋病感染者(本人は気づいていない)と接触する確率は
高くなるので、前もって、ある程度の予防ができます。

 

キスなしない、フェラチオはコンドームをつける、性器に触れない、コンドームは勃起時すぐに装着する
ここまでしても、完全に予防できるわけではないので
一番は風俗に行かない事です。

 

淋病の予防のクスリでクラビットと言う薬があるのですが
感染の予防に効くかというと、予防の期待はできない程度の効果と思ってください。
淋病は薬に対して耐性がどんどんつくので、聞かない事が大いにあります。

 

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,淋病の予防保険所に履歴を残さず検査する方法はこちら

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,淋病の予防淋病とクラミジアの両方に効果のある薬はこちら