淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,女性の淋病の悪化

淋病の症状とスーパー淋病の症状

女性の淋病の悪化

もし女性が淋病に感染し悪化したらどうなるのでしょう?

 

子宮内膜、卵管炎、子宮外妊娠や卵管性不妊症になるのですが
どんな状態なの?と思われる方は前もって知っておきましょう。

 

子宮内膜
子宮内膜症は、子宮内膜あるいはそれと似た組織が子宮内腔以外の部位に発生し、
女性ホルモン(エストロゲン)の刺激を受けて増殖する疾患です。

 

子宮内膜症の大部分は骨盤内に発生し、その病変部は月経時に、
子宮内膜と同じようにはがれて出血します。
卵巣内で増殖すると、毎月、卵巣にチョコレート状になった古い血液がたまって大きくふくれ、
いわゆるチョコレート嚢胞(のうほう)を形成します。
子宮内膜症は生殖年齢にある女性の10?15%に存在するといわれていますが、
とくに最近増えています。

 

その理由としては、腹腔鏡検査が進み診断能力が向上して病気が見つかるようになっていること、
初婚年齢・初産年齢が上がっていること、出産回数の減少などが指摘されています。

 

主な症状は、疼痛と不妊です。最近の全国調査によると、
日本では子宮内膜症女性の約90%が月経困難症(げっけいこんなんしょう)を訴えており、
月経時以外の下腹部痛は約50%、性交時痛・排便痛は約30%にみられます。
病気の進行度と疼痛の程度とは、一般に関連は少ないとされています。

 

子宮内膜症は、卵管周囲の癒着によって卵の捕獲や輸送が損なわれれば不妊の原因になり得ます。
まれに、性器外の胸膜・肺、腸管、尿路などに発生し、
月経時に気胸・血痰(けったん)、下血、血尿などの症状が現れたり悪化することがあります。

 

一般に、子宮内膜症は徐々に進行するとされていますが、
長年にわたって変化しない場合もあります。また、妊娠・分娩を契機に治ることもあります。
閉経後は卵巣機能がなくなり低エストロゲン状態になるので、病巣は自然に萎縮し、症状もなくなります。

 

卵管炎
卵管が細菌感染などにより炎症を起こした場合を卵管炎といいます。
通常、卵管炎のある側の卵巣にも炎症が及び、同時に卵巣炎も起こします。

 

急性発症のものは突然の発熱と下腹部痛が必発症状としてみられます。
それ以外に膿性のおりもの(帯下)がみられることもあります。
こうした症状があればまず産婦人科を受診してください。
腹部の診察や内診により著明な圧痛が卵管部にあることが急性期の卵管炎の特徴です。

 

治療は抗生物質と消炎薬で様子をみていきますが、
症状がとれず腫瘤の縮小が認められないものでは手術が必要です。

 

卵管炎

 

女性の場合不妊につながる事があるので、おかしいかな?と思った時点で検査してください。
女性は症状に気づきにくい分、気づいたときには症状が進んでいることが多く見られます。

 

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,女性の淋病の悪化保険所に履歴を残さず検査する方法はこちら

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,女性の淋病の悪化淋病とクラミジアの両方に効果のある薬はこちら