淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,クラミジアと淋病

淋病の症状とスーパー淋病の症状

クラミジアと淋病

淋病に感染している人はクラミジアを併発しやすい傾向にあります。
同時に保菌している人は20%〜30%いると言われています。

 

淋病とクラミジアの症状も似ているので
どちらかわからない時もありますが、明らかに違うところといえば

 

潜伏期間が短いのが淋病になります。
淋病は感染から、だいたい1週間以内に発症しますが
クラミジアは3週間でも潜伏します。

 

淋病は痛みや、症状がわかりやすく
クラミジアは気づかないことが多いです。
痛みは淋病の方が痛いので判断はしやすいと思います。

 

まれに淋病でも痛みを、さほど感じない時もあります。

 

クラミジアは男女とも気づきにくいことが多く
病院の検査ではどちらかわからなければ
両方検査をする必要があります。

 

淋病は発症しているがクラミジアは潜伏していたり、
淋病の治療を始め治ったと思ったら
クラミジアを併発したりと
両方に感染していることの確認と
両方の治療をする事が必要になります。

 

淋病とクラミジアの両方を同時に検査できる
キットもあるので、淋病だけではなく
同時にクラミジアも検査しておきましょう

 

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,クラミジアと淋病保険所に履歴を残さず検査する方法はこちら

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,クラミジアと淋病淋病とクラミジアの両方に効果のある薬はこちら