淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,妊娠中の淋病

淋病の症状とスーパー淋病の症状

妊娠中の淋病

妊娠中の淋病への感染は深刻な状態になりかねないので
注意が必要です。
妊娠中に旦那さんとの性行為が減ることにより、
旦那さんが風俗などへ行き
淋病をもって帰ってきて、移されてしまうパターンがよくあるそうです。

 

まさか自分が淋病になっているとは思わないので
なんとなく症状がでてきても、妊娠による体の変化なのかな?と
勘違いしてしまいやすいです。
そもそも女性の淋病自体自覚しにくいので、勘違いしやすくなります。

 

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,妊娠中の淋病

 

妊娠中の淋病は危険なのですが
起こり得る事として、早産の可能性や発育不全の可能性が出てきます。

 

治療を早めに行わなければ、出産までに間に合わなくなります。
しかも妊娠中は通常の淋病の治療方法である抗生物質と注射が同じように使えないので
必然的に完治まで時間がかかるのです。

 

出産までに完治しなければ、出産時に産道感染が起きるので、帝王切開になります。
まだ、帝王切開で生むことができればいいのですが。

 

まずいのが淋病にかかっていることに気づかずに、そのまま出産してしまう事です。
産道で淋病に感染した赤ちゃんに症状が出てしまいます。

 

淋病に感染したあかちゃんは、早急に治療が必要になります。
両目に影響が出る事が多く、新生児結膜炎になります。
最悪の場合失明の可能性があります。

 

妊娠中、淋病に関わらず、いつ、どこで性病に感染するかもわかりません
粘膜感染だけではないですからね

 

なので、おりものの状態や、陰部の痒みなど、些細なことかもしれませんが
妊娠中は普段との変化に敏感に反応して検査してください。

 

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,妊娠中の淋病保険所に履歴を残さず検査する方法はこちら

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,妊娠中の淋病淋病とクラミジアの両方に効果のある薬はこちら