淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,男性の淋病の症状

淋病の症状とスーパー淋病の症状

男性の淋病の症状

男性の淋病の症状
男性の淋病の画像

 

尿道がかゆくなったり、痛みを感じる
膿や少量の出血がペニスからでてくる
排尿時にヒリヒリと痛む、又激しい痛みに襲われる
尿が濁るような分泌物や黄色の臭い膿が出る
ペニス全体が腫れ上がったり、ペニスの先端が痛くなる

 

 

男性は淋病にかかるとほとんどの人が何かしらの症状が
あらわれますが、男性の淋病感染者の1〜5%程は無症状の人もいるみたいです。
無症状の場合の方が怖く、自覚がないので
検査をすることもなく、周りに感染させていきます。
自覚した頃には悪化していて尿道炎、前立腺炎を引き起こし、男性不妊症になることもあります。

 

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,男性の淋病の症状

 

淋病とクラミジアの症状はとても似ているのですが
ペニスからでてくる膿の色で、どちらの性病なのが判断しやすいです。
濁った黄色い膿は淋病の可能性が高く
クラミジアは透明な膿がでてきます。

 

 

初めて淋病に感染すると激しい痛みを感じます。
何度か感染を繰り返していくと、症状が軽くなっていきます。

 

 

淋病の発症は2日〜7日程で現れてきますが、
潜伏する場合もあり感染に心当たりのある日から2週間以上も経っていた!ということもあります。

 

 

淋病の怖いところは放置して、又は気づかなくて、悪化してしまうことです。
発症してから初期の段階で治療を開始してしまえば
比較的治しやすい性病なのですが
悪化してしまうと前立腺炎、精巣上体炎、副睾丸炎を起こし、慢性化してしまう恐れがあります。

 

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,男性の淋病の症状保険所に履歴を残さず検査する方法はこちら

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒,男性の淋病の症状淋病とクラミジアの両方に効果のある薬はこちら