淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒

淋病の症状とスーパー淋病の症状

感染率の高い淋病

淋病に感染している場合、クラミジアと同時感染していることが多い
淋病感染症はクラミジア感染症の次に多い性感染症です。

 

淋病に感染している場合、クラミジアと同時感染していることが多く
淋病患者の20%〜30%がクラミジアに感染している。

 

淋病の感染経路は幅広く
あらゆる性行為から感染するが感染者との共有物からも感染が確認されています。
性行為での淋病の感染率は非常に高く感染者と性行為をした場合30%の確率
淋病に感染するというデーターがでています。

 

男性は淋病の症状が比較的わかり易く
早期治療をしやすいのですが
女性は感染に気づきにくく、治療が遅れがちになります。

 

当サイトでは淋病に特化して徹底的に説明しますので
あなたの症状と照らし合わせてみてください
女性の淋病の症状をgoogle画像にリンクしてあるので
画像で確かめたい方は見てください。

 

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒保険所に履歴を残さず検査する方法はこちら

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒淋病とクラミジアの両方に効果のある薬はこちら

 


検査キットの使い方動画

淋病とクラミジアの症状はとても似ている

クラミジアと淋病は、性感染症の中でも2大性病といわれるほど知名度の高い病気です。とくにクラミジアは感染者数は最も多く若年層の10代から20代に増えています。

 

その原因として淋病は淋菌という細菌の力が強く男性の場合はかなり強烈な症状があらわれます。その症状として尿道からの膿みが生じるため排尿時の痛み、尿道の痛みなどがかなり強く発熱などもあります。

 

ひどい場合は前立腺炎、副睾丸炎や性器が赤く腫れる場合もあります。それに比べて女性の場合は膿み状のオリモノ、不正出血がでる程度であまり自覚症状がないため、男性よりも発見が遅れて進行する可能性があります。進行すると卵管や腹腔内で疾患をおこしたり、最終的に不妊症や子宮外妊娠といった問題まで関わっていきますので早めの対策は必要です。

 

一方クラミジアはクラミジアトラコマチスと呼ばれる菌で、淋菌よりも力が弱いため男性は軽い尿道のかゆみ、不快感ぐらいで自覚症状が淋病に比べて非常に軽くなっています。そのため発見が遅れて他の部位への感染の危険性があります。女性もオリモノ、不正出血はあるものの自覚する程ではないため発見がさらに遅れて、男性の2倍は感染者がいるといわれています。

 

いずれにしても早い発見と治療が一番重要です。現在は通販で検査キッドなど手軽に手に入るようになったので、誰にも知られずに確認することができます。また早期の治療は抗生物質などで完治しやすくなっています。放置して慢性化すると手術を要する場合もあります。

 

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒保険所に履歴を残さず検査する方法はこちら

淋病,スーパー淋病,潜伏期間,自然治癒淋病とクラミジアの両方に効果のある薬はこちら

カンジダ性感染症かも知れない方はこちらのサイトで一度見てみてください。
淋病は他の性病も併発させている恐れがあります。
重複して、症状のチェックをしたいのであれば、他の性病が詳しくのっているサイトがあるので参考にしてみてください。